学習机どう選ぶ?リビング学習、実際は? 先輩ママに学ぶ「学習机」選び 学習机どう選ぶ?リビング学習、実際は? 先輩ママに学ぶ「学習机」選び

子どもの小学校入学に向けて、準備したい学習スペース。でも、どんな学習机を選べばいいのか、初めてのママには分からないことも多いですよね。また、最近はリビングで学習する家庭も増えているそうですが、実際はどうなのか気になるところ。そこで今回は、来年小学校入学を控えるお子さんをもつママから先輩ママへ、学習机を購入する前に知っておきたい選び方のポイントや、学習スペースの考え方について聞いてみました。

実際はみんな学習スペースどうしてるの? 机は何をポイントに選ぶべき? 後輩ママから先輩ママへ気になるあれこれを質問! 左から、来年長男が小学校に入学するハラシマさん(年長男児・年中女児・1才女児)、小学生の子をもつ先輩ママのoshimiさん(小4男児・小2男児・年長女児)とlaureaさん(小5男児)。

机は必要?子どもの学習スペースどうしていますか?

ハラシマさん:実はこれから、引っ越しを予定しています。引っ越し先の間取りにもよるのですが、子どもの学習スペースをどう用意しようかと。お2人はどうされていますか?

oshimiさん:私は長男が小学生になったタイミングで、2階の1部屋を子ども部屋にして、そこに学習机を買って置きました。

laureaさん:わが家は、リビング横の和室を子どものスペースと決めて、そこに学習机を置いています。リビングのテーブルで勉強するときもあるのですが、集中したいときは学習机、ちょっと寂しいときはリビングなど、子ども自身が使い分けているみたい。

ハラシマさん:集中するときは自分の机、なんですね。最近リビング学習ってよく聞きますけど、リビングだと安心するのでしょうか?

oshimiさん:それはあるかもしれません。うちの場合、1階のリビングと離れた子ども部屋に置いたこともあり寂しかったみたいで、結局その後、学習机をリビング横の部屋に移しました。

laureaさん:子どもが成長すれば一人で「自分の部屋」に行って集中したくなるときが出てくると思いますが、小学生の、とくに低学年ごろまではリビングやその近くに学習スペースを置くほうが子どもも親も安心、ということは多いかもしれませんね。

ハラシマさん:なるほど、子どもが小さいうちはリビングやその周辺、いずれ大きくなったら自分の部屋に学習スペースを置くことをイメージするとよさそうですね。ちなみに、そもそもの話ですが、リビングのテーブルで勉強することもできそう…だけど、学習机があると何がいいのでしょうか?

laureaさん:学習机が、息子にとっては大切な「自分だけのスペース」になっているのが、机を買ってよかったことだと思っています。息子の場合、自分にとって大切なものは机にしまっているようで、学校や勉強のことだけではなくて、机を使いやすいように考えさせたり、片付けの仕方を一緒に考えたりすることで、自分のものや場所に責任を持つ、自分で考える。という力も育っている気がします。

oshimiさん:それは分かります! うちも、今はまだ学習机で勉強はさほどしなくても、自分の大切なものや、残しておきたい教科書などは、学習机にきちんと整理しています。

ハラシマさん自分専用の空間があると、モノを管理する力がついたり、机に愛着を持つことで少しずつ自分の机で勉強する習慣につながりそうですね。学習机は小1からあるといいでしょうか?

laureaさん:うちの場合は、いとこのお兄ちゃんやお姉ちゃんが学習机を持っているのを見ていてあこがれていたので、小学生になって自分の机!ができたのがすごくうれしかったみたい。小学校に入りたてのころはさほど使いませんでしたが、2年生ぐらいから少しずつ使うようになってきましたよ。

ハラシマさん:なるほど! 入学前から、学習机にあこがれを持たせて、早くから机に向かう習慣付けができるとそのあとがスムーズなのかもしれないですね!

成長に合わせて長く使えるのは、シンプルでレイアウトの自由度が高い机

ハラシマさん:ちなみに、学習机を購入したときの決め手は何ですか?

laureaさんシンプルで、使い勝手のいいものを選びました。学習机と棚がセットになっていて、成長に合わせてレイアウトを変えられるのも、ポイントでした。

oshimiさん:うちも、私が気に入ったシンプルなデザインの机と棚を単品で選びました。小学校、中学校、高校と長く使うものだから、長く使うためにはシンプルなデザインであることは大切。ただ、うちの場合はいまひとつ使い勝手がよくなくて。大人目線で、デザイン優先で選びましたが、子ども目線で使い勝手のよい工夫がされたものを選んだほうがよかったのかもと。

laureaさん:あまり意識してなかったですが、わが家は同じシリーズの学習机と棚をセットで購入したから、そのあとのレイアウトがしやすいかもしれません。そう考えると、学習机やランドセルラック、棚など、使い勝手のよさを研究して作られたシリーズものの商品を選ぶと、結局あとがラクなのかも。

学校生活を支える収納力価格のバランス

laureaさん:あとは、勉強するときに教科書やノートなど、いろいろなものを広げるし、小学生の持ち物や教科書ってけっこうたくさんあるから、ある程度広さや収納力があると使いやすいように思います。

oshimiさん:確かに! うちは選んだ学習机が少し使いにくくて、今はリビングのテーブルで宿題などすることが多いのですが、そうするとプリントなどに食事の汚れがついたり、リビングが散らかり放題に…。末っ子が来年小学生になるので、リビングに置けて、学習しやすいような机を改めて考えたい。ただ、子どもが3人いるので学習机も人数分となると値段も大切!

ハラシマさん:うちも子どもが3人いて引っ越しも控えているので価格はかなり気になります。どこに学習机を置くか、考えながら今日の話を参考に選びたいと思います。

(学習机選びのポイント まとめ) 1:学習スペースをどこに置くかを考えて机をイメージ 2:長く使うためのシンプルなデザイン、組み替えのしやすさ 3:子ども目線の使い勝手のよさ・収納力

リビングに馴染むデザイン、組み合わせ自由で長く使える!ニトリの学習机

シンプルで飽きのこないデザインで人気のニトリの学習机。子ども部屋はもちろん、リビングに置いてもお部屋のインテリアを邪魔することなく、子どもの学習スペースを確保できると、リビング学習派のママたちにも好評です。

(ニトリで人気の学習机「メルシーシリーズ」の特長) 長く使えるデザイン:リビング学習にも最適な、天然木突き板で美しい木目・自然な風合いのシンプルなデザインで長く使える! 成長やお部屋に合わせて選択、形を変えられる:スタンダード、組み合わせ、ユニットの選べる3型に人気の3色。お子さまの成長やお部屋に合わせて形を変えて使える! 子ども目線の使い勝手のよさ:ランドセルや小物を掛けるのに便利なフック付き、ワゴンはランドセルラックとしても使える! ロータイプデスク(メルシーG LBR) 49,900円(税込) 46,204円(税別) 上の棚は取り外し可、デスクライトはLEDを使用し、蛍光灯に比べ長持ち。ワゴンの最下段はフルオープンスライドレール使用で取り出しやすく便利。

他にもいっぱい!置く場所やニーズに合わせて選べる!

  • 組合せデスクリビオ(WW/PI) 商品画像

    組合せデスクリビオ(WW/PI)

    49,900円(税込)

    [46,204円(税別)]

    机の奥行が従来の55cm→50cmとコンパクトに!4分割できる本棚でレイアウトが自在だから、お部屋のレイアウトやお子さまの成長にあわせて本棚を組み換え。

  • ハイタイプ システムベッド+デスク(デニッシュG MBR/BK) 商品画像

    ハイタイプ システムベッド+デスク(デニッシュG MBR/BK)

    59,900円(税込)

    [55,463円(税別)]

    ベッド下には広い収納スペースも!机・ベッド・本棚・チェストはそれぞれ単品でも使用でき、お子さまの成長に合わせてベッドを独立して使うことも!

  • デスク上棚板セット(シトラス87C LBR) 商品画像

    デスク上棚板セット
    (シトラス87C LBR)

    14,900円(税込)

    [13,797円(税別)]

    リビングに机を置きたいけど、スペースがない、に応えるスリムタイプのデスク。収納力がありながらもコンパクトに配置できるのが魅力。

  • ユニットデスク(メルシーG WW) 商品画像

    ユニットデスク
    (メルシーG WW)

    59,900円(税込)

    [55,463円(税別)]

    大人気のメルシーシリーズの学習机。お部屋のレイアウトに合わせて本棚を組み換えでき、本棚を間に2台を置けばきょうだい用のデスクとしてもぴったり。

ニトリネットで学習机のラインナップを見る ニトリネットで学習机のラインナップを見る

あわせて考えたい。子どもが自分で持ち物を管理できる収納アイテム

ハラシマさん:小学生の持ち物、多そうですね。お2人は、どう管理していますか?

laureaさん:学習机とセットの棚に、必要なものをまとめて収納しています。棚の一番上はよく使うノートと教科書。その下は、どこに何を置きたいか、息子自身が自分で決めています。

oshimiさん:うちは玄関横にランドセルラックを置いて、学校から帰ったら、すぐに置けるようにしています。教科書なども、玄関横のランドセルラックにまとめて、そこからその日必要なものをランドセルに入れて持っていっています。子どもが管理しやすい収納スペースがあると、準備を自分でしたり、忘れ物防止にも役立っていいですよ。

スペースや収納量で選べるニトリのランドセルラックで忘れ物ゼロへ!

小学校に入ると、ランドセルはもちろん、教科書やノートに加え、ピアニカや習字道具などのかさばるものもいっぱい。毎日に必要なものがすっきり収納できるランドセルラックがあれば、学校で必要なものが1カ所にまとまるから、忘れ物なしへ! 子どもが自分で持ち物を管理したり、使いやすい配置を考えたりする習慣づけにもぴったりです。

忘れ物ゼロへ!ニトリのランドセルラック

  • ランドセルラック(シトラスC スリムWW) 商品画像

    ランドセルラック
    (シトラスC
    スリムWW)

    7,990円(税込)

    [7,399円(税別)]

    教科書やノートのスペース、大物収納スペース、下段の引き出し収納と、たくさんの収納が片付けしやすい配置です

  • 子どものためのランドセルラック(ワイドLBR) 商品画像

    ランドセルラック
    (シトラスC
    ワイドLBR)

    11,900円(税込)

    [11,019円(税別)]

    先輩ママからのアドバイスがつまった、気配りの行き届いたランドセルラック。スリムタイプと合わせればさらに収納力アップ!

  • マルチラック(シトラスC MBR) 商品画像

    マルチラック
    (シトラスC MBR)

    14,900円(税込)

    [13,797円(税別)]

    ランドセルや学習道具がすっきり片付くラック。勉強道具をそのまま持ち運べる便利なボックス付き。

ニトリネットでランドセルラックのラインナップを見る ニトリネットでランドセルラックのラインナップを見る

今日は、とっても参考になりました! 早速お店に行って、わが家に合う学習机を探してみたいと思います。

oshimiさん:私も、もう一度学習机と棚がセットになったものを見に行きます(笑)。

制作/サンキュ!編集部

こちらの記事もおすすめ ランドセル選びの3カ条 こちらの記事もおすすめ ランドセル選びの3カ条

ニトリネットで学習机のラインナップを見る ニトリネットで学習机のラインナップを見る ニトリ店舗を探す ニトリ店舗を探す 商品を探す(ニトリネットへ) 商品を探す(ニトリネットへ)

この記事のシェアはこちらから

  • フェイスブックでシェア
  • ツイッターでシェア
  • LINEでシェア
その他のコンテンツはこちらから その他のコンテンツはこちらから