新入学に向けて考えたい 使いやすくて美しい子ども部屋の作り方 (女の子編) 新入学に向けて考えたい 使いやすくて美しい子ども部屋の作り方 (女の子編)

これから小学校への入学に向けて子ども部屋を作ろうかな、と考えているご家庭も多いのでは? 多くの時間を過ごすようになる場所だから、子ども自身が使いやすく快適な空間にしてあげたいですよね。 また、せっかくなら、すっきりと美しい部屋にして、学習にも集中してもらいたいところ。今回は、これから子ども部屋を作ろう、というご家庭におすすめしたい、使いやすくて美しい子ども部屋づくりのポイントを紹介します。

使いやすくて美しい子ども部屋の作り方

ポイント1:家具の配置を決める

(お部屋の間取りイメージ) 大きな家具は面積の大きい壁に添って配置 学習机は後ろにドアが来る配置を避ける

お部屋のコーディネートを考える前にしておきたいのが、家具のレイアウトです。
最初に、ベッドなど大きな家具を、面積の大きい壁に沿って配置しましょう。そうすることで、壁面に収納家具を設置するスペースを確保でき、空間の余裕を取ることができます。

ただ、ベッドを設置する際には、ベッドメイキングのしやすさを考えて、壁から10センチ程度離すのがポイント。カバーリングの付け替えがしやすくなるので、ベッドを清潔に保つことにも役立ちます。

学習机を設置するときは、後ろにドアが来るような配置は避けるのが◎。人にはもともと背後を警戒する傾向があるため、「誰かが入ってくるかもしれない」と思うと学習に集中できなくなってしまいます。

お子さんが学習に集中しやすい環境を整えるためにも、家具の配置には気をつけてあげたいですね。

ポイント2:家具やインテリアのメインカラーを決めてすっきりと美しいお部屋に

お部屋づくりで楽しいのが、家具やインテリア選び。せっかくなら、好みのアイテムを選びたいですよね。でも、好きなものばかり集めたら、全体としての統一感がなく、ごちゃごちゃした空間になってしまうことも。
そこでおすすめの方法が、家具やインテリアを選ぶ前に、お部屋のメインカラーを決めることです。ベッドカバーなど面積の大きいアイテムをメインカラーに統一することで、お部屋にまとまりがでます。
さらに、サブカラーとして、家具の色を床や建具の色に合わせれば、よりすっきりと美しいお部屋になります。

女の子のお部屋なら、おすすめはメインカラーをピンク×家具の色をライトブラウンやホワイトで統一するなどしてかわいく♪

ポイント3:学習机やベッドなどの大物家具は成長に合わせて長く使えるアイテムを

メインカラーを決めたら、いよいよアイテム選びです。
学習机やベッドなど買い替え頻度の低い大物家具は、長く使うことを見越したものを選びましょう。

長く使えるアイテム1:チェスト付きベッド

収納力のあるチェスト付きのベッドは、スペースを有効活用できておすすめです。
子どもが小さいうちは、チェスト付きのベッドと学習机の書棚でまかない、成長とともにモノが増えてきたら収納棚を追加するとよいでしょう。

長く使えるアイテム2:くみあわせデスク

学習スペースを広くしたり、省スペースで設置したり…収納棚の組み合わせかたによって、様々なレイアウトに対応できるタイプの学習机なら、お子さまの成長に合わせてその時々にぴったりの使い方ができます。
さらに、収納棚を追加購入できるタイプなら、モノが増えたときもお部屋の統一感を損ねることなく収納力をアップできます。

ポイント4:収納アイテムには子ども自身がモノを管理しやすい工夫を

チェスト付きベッドと学習机のほかに収納アイテムをプラスするなら、子どもが自分で片づけやすい工夫があるものを選びましょう。
自分で片づけることで、自分のモノを自分で管理する力や、整理整頓する力が育まれます。

子ども自身がモノを管理しやすいアイテム1:ランドセルラック

小学校に入ると、曜日や教科ごとに必要な持ち物が異なります。曜日ごとに必要なモノを分けて収納できるランドセルラックなら、「今日必要なモノ」がすぐにわかるので、子どもが自分で登校の準備をするのに役立ちます。
また、学校で必要なアイテムを一カ所にまとめて収納できるので、忘れ物防止にもおすすめです。

子ども自身がモノを管理しやすいアイテム2:カラーボックス

ニトリのカラーボックスは、ぴったりフィットする収納ボックスと組み合わせて使うのがおすすめです。収納ボックスはサイズやカラー展開が豊富なので、収納したいアイテムにぴったりのサイズを見つけやすく、用途ごとにカラーを変えるなど子どもが自分で工夫して管理しやすいのが魅力。
子どもが成長してモノが増えた場合も、同じカラーボックスを追加するだけで簡単に収納力を増やすことができます。

まとめ:子ども自身が使いやすくて美しい子ども部屋づくりのポイント 1:家具の配置を決める 2:家具やインテリアのメインカラーを決める 3:大物家具は成長に合わせて長く使えるアイテムを選ぶ 4:子ども自身がモノを管理しやすい収納アイテムを選ぶ

使いやすくて美しい 女の子のお部屋コーディネート例

それでは実際に、使いやすくて美しい、女の子のためのおすすめコーディネートとアイテムを、チェックしましょう!

収納がたっぷりでかわいらしいお部屋

パープル系×ベージュ系で、少しお姉さんらしいかわいらしさを演出したお部屋。
ランドセルラックに「インボックス」を、カラーボックスに「カラボにぴったり収納ボックス」を組み合わせて、学校用品や衣類をすっきりまとめています。
収納アイテムのカラーを、お部屋のメインカラーとサブカラーに統一することで、収納力がたっぷりあるのに、すっきりと美しく整ったお部屋になっています。

姉妹で居心地の良いお部屋

こちらは姉妹で一部屋を使っているレイアウト。ピンク×ホワイトで統一しつつも、お姉ちゃんは白、妹はピンクなど、収納アイテムの色を姉妹で分けることで、お互いが自分のモノを管理しやすい空間になっています。
天板の高さを変えることができる学習机なら、姉妹で同じアイテムを使いつつ、それぞれが使いやすいレイアウトにできるのもいいですね。

こちらもチェック! 子ども部屋のコーディネート例がいっぱい♪ 新生活に向けて参考になるコーディネートやアイテムがいっぱい!お近くのニトリで「新生活BOOK」をチェックしてね。

子供部屋づくりおすすめアイテムはコレ

  • チェストベッド(Sチェストベッド シグナル LBR) 商品画像

    チェストベッド(Sチェストベッド
    シグナル LBR)

    55,463円(税込)

    ハイチェスト1台分の収納量が魅力。引き出しは左右どちらでも取り付けができます。

  • くみあわせですく(リビオ) 商品画像

    くみあわせですく
    (リビオ)

    46,204円(税込)

    4分割できる本棚でレイアウト自在。お部屋のレイアウトや成長にあわせて組み換えできます。

  • ランドセルラック(シトラスC WW) 商品画像

    ランドセルラック
    (シトラスC WW)

    11,019円(税込)

    学校で使う道具類が一目でわかるように整理整頓でき、キャスター付なので移動もらくらく。

  • カラーボックスカラボ 3段(DBR) 商品画像

    カラーボックスカラボ
    3段(DBR)

    1,102円(税込)

    アレンジ自在で人気のニトリのカラーボックス。並べたり連結することで収納力もアップ。

成長に合わせて選べる商品 子供部屋のコーディネートシリーズを見る 成長に合わせて選べる商品 子供部屋のコーディネートシリーズを見る

こちらの記事もおすすめ ぴったりフィット収納のすすめ こちらの記事もおすすめ ぴったりフィット収納のすすめ

ニトリ店舗を探す ニトリ店舗を探す 商品を探す(ニトリネットへ) 商品を探す(ニトリネットへ)

この記事のシェアはこちらから

  • フェイスブックでシェア
  • ツイッターでシェア
  • LINEでシェア
その他のコンテンツはこちらから その他のコンテンツはこちらから